アトピー性皮膚炎について

当院ではアトピー性皮膚炎の治療に力を入れています。

アトピー性皮膚炎を治すには、症状を軽減していくには体質改善が必要です。

患者様と二人三脚でアレルギーに負けないお身体を作っていきます。

 

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は根本治療が難しい疾患です。

昔は子供の頃アトピー性皮膚炎を発症しても成長とともに治っていくといわれていました。

しかし最近では乳児から大人まであらゆる年令でみられ、乳幼児期に発症してそのまま成人型アトピーへと移行していく方も多くいらっしゃいます。

 

1.アトピー性皮膚炎とはどんな病気なのでしょうか?

「増悪、寛解を繰り返すかゆみのある湿疹を病変とする疾患」と定義されています。

ひとこと「湿疹」といっても様々な段階があります。

かゆみを伴い、皮膚が赤くなる、ぶつぶつができる、小水疱ができる、ジュクジュクする、かさぶたができる、かさかさする、ごわごわした硬い皮膚になる、色素沈着するといった症状が繰り返し現れます。

 

2.どうしてなるのでしょうか?

アトピー性皮膚炎の原因のひとつに体質があります。

・皮膚のバリア機能の低下=皮膚の角質細胞間脂質が少ない(主にセラミド)ため皮膚が乾燥  

 して皮膚の防衛機能が低下する。

・アレルギー反応=チリダニ、ハウスダスト、かび、花粉、食物などのアレルゲン(抗原)に対するアレルギー反応が発症因子、悪化因子になる。

カサカサの皮膚のすきまや引っ掻き傷からアレルゲンや細菌が進入しやすいためになかなか治らず、繰り返すということがわかります。

これらの体質に加え不規則な生活、ストレス、季節、接触するもの(洗剤やシャンプーの界面活性剤、衣類、汗)、摩擦、自律神経失調等が関係して発症します。

 

ステロイドについて

ご存知のとおりアトピー性皮膚炎の標準治療はステロイド剤の使用です。

ステロイド剤は湿疹や虫刺されなどの炎症に即効性がありますが、同時に副作用が多い薬なので使い方が非常に難しい薬です。しかもこの副作用はかなり後から徐々に出現してくるので気が付いたときにはステロイド依存症になっているという深刻な問題があります。

元来のアトピー性皮膚炎の症状に加えて、長期に渡るステロイド剤の使用によりいっそう複雑化した皮膚症状へと変化していきます。いわゆる難治性のアトピー性皮膚炎です。

ステロイド等の薬剤による治療はあくまでも対症療法であること、原因である体質を改善しているわけではないことを忘れてはいけません。

よってステロイドの使用は慎重に、必ず医師の指導のもとごく短期間の使用にとどめることが必要です。

 

 

当院のアトピー性皮膚炎の治療

当院のアトピー性皮膚炎の治療の三本柱は以下のとおりです。

 

1.体質を改善する

2.免疫機能を調整する

3.湿疹部位を改善する

 

アトピー性皮膚炎の原因のひとつであるアレルギー反応は免疫機能の過剰反応により炎症やかゆみが発生します。免疫とは体に異物が侵入したときにそれらを排除するために働く大切な機能です。湿疹は体の中に入った異物を排出しようとする正常な反応なのでたとえ薬で抑えても根本を治さなくてはいつまでも症状を繰り返してしまうのです。

 

東洋医学的にみますとアトピー性皮膚炎の患者様の多くは体に冷えているのにほてる、ほてるのに汗がかけない、つまり体の中に熱が溜まっている状態がみられます。

この熱が湿疹のもとになります。熱は上昇する性質があるので体の中でも上半身(顔面、首、胸、背中等)、曲げたり伸ばしたりするので熱のたまりやすい間接部分(肘、膝等)に症状がでやすくなるのです。

この熱の発生源を抑えること、熱の停滞を改善することが治療のポイントとなります。

また自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが乱れていることが多く調整が必要です。

 

鍼灸治療を通じてゆっくり確実にアトピー性皮膚炎の症状軽減、アレルギー症状のでない体質に改善していきます。